たまった食器を断捨離したい!すぐにやりたくなる簡単な手順とは?

生活

可愛い柄やレアなデザインなど、食器を集め始めると、どんどん食器棚を圧迫していきますよね。

「思い切って食器を断捨離したいけど、何から始めればいいかわからない!」なんて悩んでいませんか?

わかります。私も食器が好きで収集癖がありますけど、気づくと食器棚があふれていて、断捨離しなきゃといつも慌ててしまいます。

整理したい気持ちはあるけど、断捨離って手間も時間もかかりそうだし、なかなか腰が上がりませんものね。

私は基本的に面倒なことはしたくないズボラ主婦ですけど、簡単に食器を断捨離できるコツを発見したおかげで、すっきりした食器棚を保てているんですよ。

この記事では、そんな重い腰を上げて食器を断捨離したいあなたのために、すぐやりたくなる断捨離の手順とコツをご紹介します。ぜひ参考になさってくださいね。

あなたも食器もすっきり!すぐやりたい断捨離の手順

断捨離の基本は、全部出して全体量を把握することから始めます。

でもそれだと、まとまった時間が必要ですし、なかなかスイッチが入らないですよね~。しかもうちは暴れん坊の幼児が2人いるので、棚から全部食器を出すと危険なのです。

なので、隙間時間や何かのついでに断捨離するのが、取り組みやすいですよ。短時間で集中できるのがコツです。

主な手順は以下のとおりです。

  1. 適当な箱を3つ用意する
  2. 必要な食器を出したついでに奥の食器を出す
  3. その中で必要レベルを判断して箱に仕分けする

「これなら私もできそう!」って思えてきませんか。

ちなみに必要レベルとは、以下の3点のことです。

  1. 絶対に使うもの
  2. 明らかに使わないもの
  3. 断捨離するか迷うもの

明らかに使わないものは、手に取ってすぐに処分できますね。

具体的な断捨離の手順

例えば朝食のついでに断捨離する場合。

  1. 朝食で出した食器の後ろに置いてある食器もついでに出す
  2. 食べ終わって食器を片付けるついでに仕分ける
  3. 落ち着いた時間に必要レベル3を処理する

いつまでも食器を出しっぱなしにしておくと、危ないですよね。

その焦るあなたの気持ちを利用して、できるだけ早く判断するのがコツなんです。極力その日中に処理するのを目標にしましょう。

こんな感じで隙間時間に断捨離を繰り返していくと、段々とすっきりした食器棚が見えてきますよ。

食器の種類や棚の区画別に断捨離する

「何かのついでだと、やっぱり落ち着かないわ…」なんてこともありますよね。

例えば「今日はコップ類」「明日は大皿類」など、食器の種類別に断捨離するのもおすすめですよ。

「食器棚の右側」などと、区画ごとに整理してもいいですね。一度に全部やらず、ちょっとずつ断捨離を進めるのが、あなたの負担にならないコツなのです。

最終目標は食器棚に余裕で入りきる量を残すこと

食器が増えていくと、棚に入りきらないこともありますよね。基本的には、食器棚に入りきる量を残すと考えましょう。

でも、いくら食器棚に入りきっても、ギチギチはよくないです。私はそれで、出し入れの時に落として割ってしまったことが。

食器棚の8~9割くらいが埋まるようにするのが、出し入れも見た目もすっきりできるコツですよ。

断捨離に踏み切れない食器たち…コツ6つ

断捨離していて1番迷うのは、残すか処分するかですよね~。私は迷っているうちによく脱線してしまいます。

ここでは、潔く断捨離できる一つの指標をお伝えしますね。

1.欠けたり塗装が剥がれている

いくらお気に入りの食器でも、よほどの理由がない限り処分してしまいましょう。

思いがけずケガをしてしまうかもしれません。私は裏面が少し欠けているお皿を使っていたのですが、洗っている途中で手を切ってしまいました。

2.1年以上使っていない

デザインが気に入っていても、盛り付ける食材が限られていたり洗いにくかったり、使い勝手がよくない食器がありますよね。

「いつか使おう」と思っているものは、いつまでたっても使いません。

3.使っていて気分が上がらない

何かの景品でもらったものなど、機能はよくても気分が上がらない食器もありますよね。

気分が上がる食器だけを残すのが、愛着がわいて、より大切に使えるコツなのです。

4.使うのを後回しにする

仕分けしていると「そうそう、こんなのあったわ!」なんて食器も出てきますよね~。

再発見しても「明日使おう」と思うものは、また忘れてしまいます。私はそれで翌日本当に使ったためしがありません。

5.思い出深くて手放せない

「使わないけど思い出深くて捨てる勇気が出ない!」なんて食器もありますよね。私もお祝いでいただいたものなんかは、なかなか勇気が出ません。

そんな食器は棚にしまうのではなく、みんなが見えるところに飾っておきましょう。

もしそれができないなら、写真に撮っておきましょう。かさばらずに思い出にとっておけるコツです。

6.食器にとってツライ状況なら

どうしても踏み切れない時は、食器を擬人化してしまうのが、潔く断捨離できるコツです。

食器はあなたに使われるために生まれてきました。でも実際は暗い棚の奥で眠っているだけ。

最悪あなたに忘れられてホコリをかぶっています。こんな状況、食器にとって幸せでしょうか?

それなら断捨離して、あなたではない別の人に使ってもらった方が、食器にとっても幸せですよね。

  • フリマやリサイクルショップに出す
  • 誰かに譲る

これなら罪悪感もありません。

まとめ

たまった食器を断捨離するなら、何かのついでや隙間時間にするのが簡単に取り組めるコツです。

処理に迷っても指標を目安に考えれば、サクサク断捨離できそうですね。あなたができそうなことから試してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました